FC2ブログ
もうじき還暦だぁ・・・
体重を計ることがダイエットの第一歩だ!
体重を計らないというのは、デブへの第一歩だ。体重をしばらく測っていなかったが久し振りに測ったら体重がドドっと減っていたなんていう事が今までにあっただろうか?私の場合はダイエット成功後の人生ワースト体重記録更新10回は久し振りの体重計測時だった。(大笑)
我が家の体組成計は、電池切れ&スマホ買い換えで、使わずに放置されていた。電池を入れ直し、スマホとの連携のセットを行い乗ってみた。あぁ・・・やっぱり82・5kgだ。(笑)

私が思うに、毎日、体重計に乗るだけで、人生ワースト体重の人はサクッと1kgぐらいは体重が落ちるはずだ。18歳の時に56kgだったのにワースト体重を更新続けて82・5kgになってしまった私のような人は、積極的にダイエットをする前に、そりゃさすがにマズイでしょ!というようなことをいくつもやっているはずで身に覚えがあるはずなのだ。(笑)そういう事の全部ではないにしてもいくつかを自制するだけでも、効果は出る。少なくともウエイトアップのペースは落ちるであろう。

ここで、その『体組成計』であるが、人生長く生きてきて、家電を買うのが趣味の私は体重計をいままでに10種類は買ってきた。たぶん無線LAN接続の一番最初のやつも買ったし、手で握るグリップ付きのヤツも購入して使ったことがある。その経験と今回のダイエットを併せて考えると、中高年のデブがダイエットするならば・・・

・気軽に乗れる
・測定速度が速い
・スマホ連動で記録が残る
・精度は最低でも0・1kg単位
・体重・体脂肪率・筋肉量・骨量・BMIぐらいは表示

といった感じになる。

以前にハンドル付きの大そうな高いヤツも買ったことがあるが、ハンドル部分を引っ張り出すのが面倒で、測定速度が遅くて、バカバカしくなった。たしかに多機能だったが、アスリートを目指すわけではなく、単なる中高年のデブなので、却って使いにくかった。
だが、980円で売っている体重だけ0・5kg単位で測れる程度のものではちょっと不十分だ。サッと乗って、サッと数字が出て、記録が残り、そこそこの精度で、脂肪が落ち筋肉や骨が減っていない事が確認できるモノが良いだろう。

いわゆるレコーディングダイエットの『測定』部分を担うわけだが、自分でグラフに書き込むというのはへこたれがちだ。スマホに転送してくれた方が良い。体重の精度に関しては、0・5、0・2、0・1、0・05のパターンがあるけれども、0・05のものは高いし、ほかのいろんな機能が付いていて手で持つセンサーがあったり、測定にけっこう時間がかかる等、使い勝手がイマイチである。これはアスリート用だと思います。一方でレコーディングダイエットのポイントとして、何をしたらどうなったのか?を自分でチェックすることにあります。ですから、あまりに鈍感な数字ではこの感触がつかめません。0・1kg単位ぐらいの精度だと、なにぶん自分の体のことなので、増減の原因が思い当たるのです。減った要素の中で『楽にできるもの』をやり、増えた要素の中で『別にやめてもいいもの』をやめれば楽してダイエットできるので、この感触がつかめることは重要だと思います。

ちなみに私が使っている体組成計はタニタのRD-906で、現在の実勢価格は15000円を切っている。

関連記事
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://skyscaraper.blog85.fc2.com/tb.php/325-1336de04
« 2019-09 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
食いしん坊の世界へようこそ♪

赤いちゃんちゃんこ

Author:赤いちゃんちゃんこ
食べログをはじめとするグルメ系口コミサイト&予約サイトを利用者の立場から分析してみました。=逆にいうと・・・飲食店経営者の方の参考になるはず(笑)

GOODS

カテゴリ
Counter

最新記事
Welcome to My Blog
スポンサード


食べまくりメモ