もうじき還暦だぁ・・・
秋刀魚の塩焼きを美しく食べよう♪

IMG_4163.jpg



先日、TV番組の『格付』での『和の作法』で『秋刀魚の塩焼きの美しい食べ方』を放映していたので、その線にそって実践してみた。

1)魚の頭は左側
これはいつも見ている向きなので逆だと違和感を感じますね。頭を右にして魚を出すお店や『彼女』はちょっと要注意です。(笑)

2)まず、骨に沿って、頭からしっぽの方向に箸で切れ目を入れていく。
まる重さんの場合はすでに包丁が入れられていますのでこの工程は省略可能です。

3)左上から右上に向かって上半分を食べる。

4)左下から右下に向かって下半分を食べる。
はらわたは残してもマナー違反にはならない。

5)箸を骨の下に皿と並行に入れて、左から右に骨を外して、頭・骨・しっぽを皿の右上に置く。

6)裏面の身を左上から右上、左下から右下の順で食べていく。

7)残したはらわたや皮などは、添えられたすだち等で隠す。
まる重さんの場合はレモンが添えられていましたので、レモンで隠しておきました。

8)しょうゆやポン酢を使う場合は大根おろしに含ませて食べる身にのせて食べると汚い感じにならない。

9)もちろん、正しい箸の持ち方ができていないと食べる様子が美しくない。

今回は、海鮮サラダ(600円)と秋刀魚の塩焼き(800円)を頂きました。お値打ち価格の多いまる重さんの中では単品として比較的しっかりしたお値段です。でも、その分美味しい!美味しい秋刀魚ほど美しく骨が残ります。



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 比良駅庄内緑地公園駅庄内通駅

関連記事
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://skyscaraper.blog85.fc2.com/tb.php/159-1c678b00
« 2017-11 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
食いしん坊の世界へようこそ♪

赤いちゃんちゃんこ

Author:赤いちゃんちゃんこ
食べログをはじめとするグルメ系口コミサイト&予約サイトを利用者の立場から分析してみました。=逆にいうと・・・飲食店経営者の方の参考になるはず(笑)

GOODS

カテゴリ
Counter

最新記事
Welcome to My Blog
スポンサード


食べまくりメモ