FC2ブログ
もうじき還暦だぁ・・・
鯛の中の鯛に出会えた!

IMG_1176.jpg
IMG_1170.jpg
IMG_1172.jpg
IMG_1171.jpg
IMG_1173.jpg
IMG_1174.jpg
IMG_1175.jpg



最近、DIYでのリフォームに熱中しているので、かなり食べログレビューが溜まっています。でも、基本は外食で、食べないと死んじゃうので、ちゃんと食べに出かけています。(笑)
この日は、いつものように早めの時間にロジネコ食堂にやってきた。週末なので早めの時間(5時台)でないと、満席になる可能性が高いのだ。2名以上で来店の方は、当日または前日でもよいので、予約されるのがお勧めだ。

毎日変わる本日の勧めメニューを見ると、真鯛の煮付け(1000円)がのっている。ロジネコ食堂では1000円のメニューは本当に稀にしか登場しない。主人が値段が高くなっても出したいような、よほどほれ込んだ鯛が見つかったに違いない。こういうメニューが出ていたら迷わずオーダーだ。その他に、珍しく『アサリの味噌汁』も出ていた。たぶん、味噌汁がお勧めにのっていたのはお初なので、これもわざわざお勧めにのせたいほどに良いアサリがあったに違いない。早い時間でまだお客は私だけなので、出汁巻き卵もオーダーした。これは焼きあがるまでその場を離れられないという超手間がかかるので、お店の混雑度合いによってはお断りにあうこともあるのだ。お店が空いている時にオーダーをぶち込む必要がある。

いつものように、お味は大満足だ。真鯛の煮付けを骨までしゃぶっていると、鯛の中の鯛(鯛の形の骨)を発見した。
これは縁起がいい。来週も何か良いことがありうそうだ!



関連ランキング:居酒屋 | 高岳駅新栄町駅車道駅

好きでなかった食材が美味しいと思えるお店だ

IMG_0963.jpg
IMG_0964.jpg
IMG_0959.jpg
IMG_0958.jpg
IMG_0965.jpg


実は私は、レンコンはあまり好きでない。玉ねぎと違って、食べれないわけではないのだが、今までの認識では、何を好んでコレを食べなきゃいけないのぉ?と思うわけだ。妻が存命中でまだ料理をしていたころは、レンコンを見かけると「出来るだけ薄く切ってね!」と言っていた。美味しくないものでも薄く切って火をよく通して濃い味付けをすれば、なんとか食べれる(料理下手の黄金ルール)からだ・・・笑。
しかし、ロジネコ食堂に通うようになって、私が自分で作ったり、昔、母親に作ってもらったり、4年前に他界した妻が作ったりしていて、不味い!と思っていた食材でも、実は料理の腕次第では美味しくなるということを発見した。

今日のメインは「豚とレンコンのさっぱり煮」で、ざっくりとしたカット、さっぱりした優しい味付け、食感をしっかり残した火の通し方という料理下手の黄金ルールの真逆なのに美味しい!

まあ、ロジネコ食堂さんの場合は、例えば「白ご飯」でも、主人こだわりの前準備を経て、土鍋+ガス火で炊いてから、最終部分は炭火にかけ、炊きあがったご飯は木製の桶に布巾でつつんで寝かせて、せいろで蒸す・・・というプロセスをくぐってのちに、主人自らが茶碗によそおって、押しく食べてもらいなさいよ!と言い聞かされて運ばれてくる・・・ぐらいなので、レンコンだって美味しいのです。

今日も危うく満員御礼で席がなくなる一歩手前で滑り込めた。よかったよかった!



関連ランキング:居酒屋 | 高岳駅新栄町駅車道駅

ヤングコーンのヒゲは毟っちゃダメなのだ

IMG_0525.jpg


IMG_0531.jpg


今日のメインはヤングコーンだ。このヤングコーンはヒゲの甘さが美味で旨いので毟ってはダメなのだ。
たとえていうならば、せっかく恋人がメイド服のスカートの下にパニエを履いているのに、いちゃラブのときに脱がせてしまうようなモノだ。うーん・・・この例えはわかりやすい!はず!(笑)
甘鯛の松笠焼で皮を毟るのと、メイドの彼女のパニエを脱がせるのと、ヤングコーンのヒゲを毟るのは、せっかくのおいしさをダメにするので、やってはいけないのだ。(笑)

とっても甘くておいしかった。

実は黄色は私のラッキーカラー、黄色が美味しいヤングコーンを食べた後に、ボウリング場に立ち寄って1皿余分に食べてしまった罪滅ぼしをしてきたが、ふなっしーのボールが売っていたので、スペア用ボールとして買ってみた。(笑)

(*)
FC2ブログでご覧の方は食べログでのレビューもご覧ください。画像データを多数掲載しています。また、過去のレビューもご覧いただけます。
食べログでご覧の方はFC2ブログも覗いてみてください。食べログ規約上投稿できていない内容のレビューも掲載しています。
なお、料理の画像において、特に断りがない場合でも、玉ねぎ・ネギ抜き対応になっていることがあるためデフォルトの料理とは異なることがございますのでご留意ください。



関連ランキング:居酒屋 | 高岳駅新栄町駅車道駅

わらびを美味しく食べさせてもらった!

IMG_0031.jpg
IMG_0029.jpg
IMG_0030.jpg
IMG_0028.jpg
IMG_0032.jpg



前回の訪店時に、主人が新聞紙でくるまれた山菜を取り出して、あく抜きの下処理をしていた。どうやら主人のお母様が恵那の山の中にはいって採った山菜を送ってきてくれるらしい。そのわらびのあく抜きには、炭の灰を使うとのことだったが、その炭はお店で使った炭炙り焼きのものだ。山に生えているところから、あく抜き、調理まで素性正しい山菜の料理は、そこらの居酒屋ではお目にかかれない。てっぺんにあしらわれた山椒の木の芽が、私の子供時代に、自宅の庭にあった山椒の木から木の芽を採ってきて、料理に使ったことも思い出させてくれた。

さて、私は今年は還暦なので、人生2周目のこれを機にいろいろとチャレンジしてみることにしている。その1つとして、調理師免許試験を受けてみることにした。試験自体は学科のみで7科目で各科目3分の2以上、総合3分の2の正解で良いらしい。しかも問題は4択なので、もともとなにも考えなくても4分の1は正解なのだ。(笑)

その7科目の中で、衛生法規というのがいちばん退屈そうである。例えば、次の記述が正しいか間違っているかが分かればよいらしいのだが、なかなか嫌らしい問題がでるのだ・・・・

ちょっと復習かたがた・・・・正誤問題のチェックをしておくと・・・

7)日本の鶏卵の自給率は97%くらいだが、養鶏飼料の大部分は輸入に頼っている。
8)2016年度の日本の供給熱量自給率は約38%である。
9)食の多様化により、一人で食事をする個食が増えている。
10)国勢調査は人口、性別、年齢など、基本的な事項についての統計で10年ごとに行われる。
11)出生率とは、人口1000人あたりの年間出生数である。
12)生産年齢人口とは15歳以上65歳未満の人口をいう。

またまた、めんどくさそうな問題だ。専門学校で授業料をとって調理師免許をとらせるありがたみを確保するために、お役所と専門学校が結託しているのではないかと疑いたくなる。(爆)

7)日本の鶏卵の自給率は97%くらいだが、養鶏飼料の大部分は輸入に頼っている。

コレは〇、鶏卵は食品の優等生であるが、所詮は、本質的に食糧自給になっていない点を認識しておくべきですね。

8)2016年度の日本の供給熱量自給率は約38%である。

いかにも出そう、〇です。約3分の1と覚えておけばよさそうだ。

9)食の多様化により、一人で食事をする個食が増えている。

ひっかけです。×です。個食と孤食の意味の違いに留意、1人1人が別のモノを一緒に食べても個食であって孤食ではない。一人っきりで食べるのは孤食です。

10)国勢調査は人口、性別、年齢など、基本的な事項についての統計で10年ごとに行われる。

×、コレは5年ごとです。

11)出生率とは、人口1000人あたりの年間出生数である。

×、いつもよく耳にするのは、合計特殊出生率で、1人の女性が生涯に産む子供の人数の平均であるが、「普通」出生率は人口1000人あたりの年間出生数である。女性が1000回エッチするごとに出産する人数でもなく、できちゃったウチで出産する割合でもなく、
一人の女性が生涯に産む人数でもないのだ・・・・笑

12)生産年齢人口とは15歳以上65歳未満の人口をいう。

〇だ。65歳の上限はともかくとして、15歳というのは現代ではやや違和感がある感じがする。



関連ランキング:居酒屋 | 高岳駅新栄町駅車道駅


肉豆腐の担々煮と鰆と夏野菜のあんかけ

IMG_0744.jpg
IMG_0743.jpg
IMG_0753_201805040913166ee.jpg
IMG_0752.jpg
IMG_0751.jpg
IMG_0750.jpg
IMG_0749.jpg
IMG_0746.jpg
IMG_0747.jpg
IMG_0745.jpg



最近、趣味は?と聞かれると、バイクとか、ボウリングとか、スノボーとか、旅行とか、読書とか・・・と言っているよりも、食べ歩きして食べログ書いてます!と言えば、わかりやすいしウケも良いので、コレをメインで使っています。(笑)
すると、たいていは「どこが一番お勧めですか?」と聞かれるのだが、そこはソレ、飲食店はTPOによって使い分けるのが賢い使い方であるので、だれといつどのあたりでどんな感じのお店に行きたいの?と「質問に質問で答える」ことになってしまう。
しかし、自分自身が日ごろの晩ごはんにどこにいちばん多く行っているか?なら簡単に答えられる。
それは、今回で42回目の訪店になるロジネコ食堂さんだ。(爆)
詳しい内容は、過去41回のレビューも参考にしてほしい。

今回は、肉豆腐の担々煮と鰆と夏野菜のあんかけをメインにして、いつものセットでいただいた。

実は私は、夏野菜って・・・好きではない。しかし、ロジネコさんに来るようになって、いままで嫌いで食べなかったものも、時々食べてみることにした。私が美味しくないと思い込んでいたものも、料理次第では美味しいということに気づいたからだ。
そうなのだ。4年前に他界した妻、私、私の母親の料理の腕がひどかったので、美味しくないと決めつけられていた食材の名誉回復を、ロジネコ食堂の主人が果たしてくれた。(笑)私としては、食べれるものの範囲が広がって非常に嬉しい。

当然ながら、本日も美味しく完食だ。

さて、私は今年は還暦なので、人生2周目のこれを機にいろいろとチャレンジしてみることにしている。その1つとして、調理師免許試験を受けてみることにした。試験自体は学科のみで7科目で各科目3分の2以上、総合3分の2の正解で良いらしい。しかも問題は4択なので、もともとなにも考えなくても4分の1は正解なのだ。(笑)

その7科目の中で、衛生法規というのがいちばん退屈そうである。例えば、次の記述が正しいか間違っているかが分かればよいらしいのだが・・・・

1)国際的公衆衛生の中心機関としてUNICEFがある。
2)環境省は衛生行政を行っている機関の1つである。
3)保健所は市町村によって設置されている。
4)保健所は地域保健法に基づいて設置されている。
5)ILOは労働者の保健衛生に関する問題を扱う。
6)衛生行政のうち厚生労働省が扱うのは一般衛生行政と労働衛生行政である。

あぁ・・・・コレってまるで、運転免許の学科試験のようにいかにもお役所的な嫌らしい設問だ。しかし、これは慣れれば大したことがないかもしれない。

1)国際的公衆衛生の中心機関としてUNICEFがある。

あーぁ、間違えて〇にしちゃいました。いかにももっともらしいが、コレってユニセフじゃん!カタカナで書いてくれれば間違えないが、なんかすごく凄い機関みたいに見えるから不思議だ。ユニセフなら子供関連だとだれでも知っている。つまり、これはWHO(ダブルエイチオー)のことをユニセフに差し替えていて、×と回答しなくてはいけないのだ。

2)環境省は衛生行政を行っている機関の1つである。

環境省は「環境」のことをやっているんでしょう!×だ。・・・・「ぶーーーーー!〇です」
これも、一般人的に言うと、一般人が嫌がるお役所の縦割りを象徴する問題で、なんとなく問題そのものに嫌悪感を抱くが、そこはそれ、こういうヤツが出るのだと思わねばならない。
衛生行政は大きく一般衛生行政、学校保健行政、労働衛生行政、環境保全行政にわけられています。厚生労働省がメインのように思うが、学校関連は文科省、環境がらみは環境省の「なわばり」なのだ。

3)保健所は市町村によって設置されている。

〇でしょ!いやいや、コレは×なんです。
原則として、都道府県の管轄で、特別区や大きな市はそれぞれが管轄するということらしい。つまり小っちゃな村や町には、保健所を運営する能力がないので、そういうとこは都道府県が管轄するということみたいだ。

4)保健所は地域保健法に基づいて設置されている。

まあ、これは権威付けに見えるが、法的根拠ということですね。

5)ILOは労働者の保健衛生に関する問題を扱う。

アイエルオーは労働条件のことを扱うのだろう!と思ったら、労働者の保健衛生に関する問題「も」扱うらしい。正誤で答えるなら、×とは言えないことになる。ひっかけ問題ですね。

6)衛生行政のうち厚生労働省が扱うのは一般衛生行政と労働衛生行政である。
衛生行政は、一般衛生行政、学校保健行政、労働衛生行政、環境保全行政にわかれていて、環境省や文科省のなわばりもあるということで、回答は〇だ・・・・

この退屈な衛生法規の分野を早く済ませたいものだ。
ちなみに、愛知県の調理師免許試験日は今年は10月13日である。



関連ランキング:居酒屋 | 高岳駅新栄町駅車道駅

飛騨牛すじの塩煮と稚鮎の天ぷらで晩御飯だぁ~♪

IMG_9763_201805021542163db.jpg
IMG_9761_2018050215421589f.jpg
IMG_9760.jpg
IMG_9758.jpg
IMG_9759.jpg
IMG_9764.jpg



今日(訪店41回目)のメインは、飛騨牛すじの塩煮と稚鮎の天ぷら、そしていつものセットでいただいた。
だいたいはメインは「本日のお勧め」から2品を選択するのだが、ほぼ1年間通い続けて、いつまでたってもネタが尽きず、次から次へと新メニューが登場する。ちょっとちょっと好みに合わないモノにぶちあたってしまったことも41回で1回ぐらいはあるが、大体は、あぁこういうの食べたかったのだよねぇ~というパターンにハマりこんでいるので、いつ果てるともないヘビロテになっているというわけである。最近のインスタ映えという観点では派手さはないが、週2でヘビロテするとこのお店の凄さがわかると思うのです。

そして、メインの2品に、いつものセットを合わせるのだ。このセットは、もう41回も通って私には定着していて、たぶん42回目も「いつものセットで!」とオーダーするだろう。

その・・・・いつものセットは以下の通りです。

(お通し3品)
実はお通しを私はあまり好きでない。しかしロジネコさんや厨盛田などの一部のお店のお通しは大歓迎である。
ちなみに厨盛田は、アノ300年以上の歴史を持つ盛田がゲートタワーに出したお店で、お通しはおよそ30種類のものを席まで運んできて、お客さんが選べるのだ。オープン8年目のロジネコ食堂であるが、3500軒のお店で食べてきた私が厨盛田と並んでお勧めしたいお通し3品だ。
「うちのお店のお味はこんな感じでこんな料理があるんですよぉ~」という名刺的な意味合いも込めて他の料理ができるまでの間をつないでくれる・・・
ロジネコさんの場合は、3品で、3つとも温度帯が違うものが出てくることもあるのです。さすがに35回訪店ですので、玉ねぎやネギNGにも配慮された3品が出てくるようになりました。
私がお通しが好きでない理由の1つとして、NG食材無関係で出てきて300円とか加算されるという点があるのだけれど、ロジネコさんの場合は、お通し本来の意味で出しているので、たとえ初訪店であっても、NG食材を伝えれば、それを考慮したものを出してくれると思います。

ところで、つい先日、私のお隣の席の人に、お通し5品の長い皿が出ていた。コレは秋に行われる「〇周年感謝福引」で数名に当たる特典で、1年間毎回の訪店の都度に「お通しが3品から5品にアップグレード」されるというロジネコフリーク垂涎の当たり券なのだ。(笑)残念ながら、私は昨年の福引では「500円割引券」(これは残念賞だろう・・・)を引いてしまった。(笑)このお話をしていたときに、ネギ・玉ネギNGの私が5品を引き当てて年間100回も訪店したら、そりゃ大将は迷惑だよねぇ~と・・・しかし、女将曰く、「大将はきっと平気、かえって燃えるだと思う(ボソッ)」と・・・、そんなロジネコ食堂のお通しは、毎回楽しみにしているんです。

(サラダ)
私がオーダーする「いつものサラダ」は、ハーフのグリーンサラダです。
サラダは葉物野菜のカットに包丁を使用しておらず「手切り」である。野菜の保管は「まるで刺身の柵を扱うようなみずみずしさを保つための」かなりの配慮がなされており、さらに、食感的に違和感のある部位は除去されて使用されていない。
そのため、食感にかなりウルサイという自覚のある私ですら、毎回残らず完食なのです。

(お味噌汁)
お味噌汁は3種の味噌(赤・合わせ・白)のタイプから選べて、当然ながら作り置きではなく、その都度に作っている。だから味噌の香りがとてもよい。
常日頃に出汁入り味噌の味噌汁や、前夜の残りの温めなおしを飲まされている方(味噌汁難民)は、ぜひともロジネコ食堂に味噌汁難民登録しましょう!

(しろご飯)
ごはんは土鍋で炊いて、お寿司屋さんが「主要食材として」大切にあつかうような独特の保管方法で美味しさを保った逸品だ。もう居酒屋さんの白ごはんの域を完全に飛び越えています。



関連ランキング:居酒屋 | 高岳駅新栄町駅車道駅


« 2018-08 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
食いしん坊の世界へようこそ♪

赤いちゃんちゃんこ

Author:赤いちゃんちゃんこ
食べログをはじめとするグルメ系口コミサイト&予約サイトを利用者の立場から分析してみました。=逆にいうと・・・飲食店経営者の方の参考になるはず(笑)

GOODS

カテゴリ
Counter

最新記事
Welcome to My Blog
スポンサード


食べまくりメモ