FC2ブログ
もうじき還暦だぁ・・・
エアコンパネルの徹底クリーニング

IMG_0106.jpg
手前がクリーニング前・奥がクリーニング後


我が家もマンションの竣工以来22年が経過し、共用部分の各所は長期修繕計画でのリフォームが始まった。玄関エントランスや各階のエレベータホールはまるで新築マンションのようにきれいになった。我が家では、4年前に11年のガン闘病生活の末に妻が他界し、1年前に息子が遠隔地に赴任して1人生活を始めたことから、還暦を迎えた私がワンコとの生活が快適なようにリフォームを計画中だ。その際に22年経過の老兵であるエアコンをどうしようかと迷ったが、なにしろ健在に稼働しているし、東南角部屋と言うこともあって、冬場はわずか数日しかエアコンをつけることもなく、夏場も冷夏の年には1シーズンエアコン稼働無しという日もある状態なので、エアコンの取り換えは見送ることにした。

そこで、あのアイボリーカラーが黄ばんだ古ぼけた感じのエアコンパネルをなんとかいい感じにしよう!ということで、エアコンパネルの徹底クリーニングに挑戦してみることにした。まずはリビングルームの2台からスタートです。(我が家は全部で7台、すべてが天井埋め込みタイプなのです・涙)

(準備編)
用意するのは以下のモノ

1)電動ドライバー
2)延長コード
3)脚立
4)メラニンスポンジ
5)ワイドハイター
6)たわし
7)刷毛
8)サランラップ

(取り外し)
まずは、エアコン本体からパネル部分を取り外します。22年前のパナソニックの天井埋め込みタイプは6か所のボルトで固定されていました。1ヶ所のフックでもひっかけられていましたので、その反対側のボルトを最後に残して、ゆっくり取り外します。
本体とは配線ケーブルの束2本がソケット接続されているので、注意深く外します。念のため接続部分を写真で撮っておくとよいと思います。

(分解)
水でジャブジャブ洗えるように、分解していきます。

1)電装品部分 ルーバーのモーターとインジケータ&リモコン受光パネルとその配線は水洗いできないので、きっちり取り外します。
2)フィルター部分 これは一番単純
3)ルーバー部分 材質が異なるので洗い方も違います。結露防止のため起毛になっていて特に汚れやすい部分です。
4)外枠パネル部分 ここは黄ばみが気になるところです
5)フィルターカバー部分 比較的掃除しやすい
6)金属部分 ここは掃除しない。

(洗浄)
基本的に電装品および金属部分以外は、じゃぶじゃぶ洗います。水洗い、ワイドハイターを使ってたわしでジャブジャブやってみて、きれいさが合格だったらそれでOKですが、メラニンスポンジを水に浸して硬く絞って擦ってみるといい感じになる可能性もあります。吹き出し口周りやルーバーは結露防止のために起毛になっていて汚れがひどかったりカビが生えていたりすることもあるので、ハイドハイターの原液をたわしにつけてゴシゴシやると、わくわくするぐらいに綺麗になることがあります。(笑)

このようにまずは基本として「洗い」を済ませて、出来上がりが満足できるかどうかチェックしてみましょう。

ちょっと物足らない方は、天気予報を調べて、太陽がガンガン照っている日を選び、太陽さんにクリーニングのお手伝いをお願いします。ワイドハイターの原液を刷毛に浸して、プラスチック部分にまんべんなく塗っていきます。乾く前にラップで覆います。
これを直射日光のもとにさらせば、写真のような出来栄えになります!

(組み立て・設置)
ねじで止める際には、1ヶ所を固く締めるのではなく、対角線上に締めながら、2-3回にわけで全体をバランスよく締めるのがコツです。

我が家の場合は、私がタバコをやめてから、ココをリフォームして引っ越ししてきました。家族で誰もタバコを吸わないし、11年間の妻の闘病生活もあったので、キッチンの使用頻度も比較的少なかった。また、もともと39Fなので粉塵などが画期的に少ないという環境でしたが、さすがに年数の関係でだいぶ汚れていました。普通なら3-5年でやったほうがよさそうだと思った次第です。


IMG_0104.jpg
IMG_0103.jpg
IMG_0100_201805081716247f8.jpg
IMG_0054_201805081716220c6.jpg
IMG_0105.jpg


ダイソンクリーナーのサイクロンパーツの交換をしてみた。

IMG_4424.jpg

ダイソンのコードレスクリーナーの愛用者は多いと思いますが、最大の弱点は水分を吸い込んでしまった際ですよね・・・
急速に吸引力が悪化する上に、排気がやたら臭くなって、ほぼ実用的でなくなります。(笑)

そんなときは、サイクロン部分の交換をお勧めします。
本当は、サイクロン部分を取り外して、まるごと水洗いして完全乾燥をすれば、ほぼ解決ですけれど、この専用オープナー工具が単体で2000円もするので、サイクロンパーツと着脱工具のセットで4800円のものを購入して、とりあえず、新品交換してみました。

プラモデルの組み立てよりも簡単ですので、吸い込みの悪くなったダイソン、排気の臭くなったダイソンは、ぜひこの手法で復活させてみてください!

« 2018-10 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
食いしん坊の世界へようこそ♪

赤いちゃんちゃんこ

Author:赤いちゃんちゃんこ
食べログをはじめとするグルメ系口コミサイト&予約サイトを利用者の立場から分析してみました。=逆にいうと・・・飲食店経営者の方の参考になるはず(笑)

GOODS

カテゴリ
Counter

最新記事
Welcome to My Blog
スポンサード


食べまくりメモ