利用者の立場から・・・
ユナイテッド航空と同じことが食べログでも・・・

ジーニス

このお店は、何度も使っていますが、写真は撮っていません。なぜならば、そういう雰囲気でない場合によく利用するお店だからです。そして、10回以上は使っているということは、私の中で「使えるお店」という認識だからです。
お値段の問題もありますので、全員が高評価というわけにはいかないでしょうけれど、113人のレビューアーが投稿している内容を見ると、3.50ぐらいかなぁ~と思います。
私は食べログ歴10年、投稿数800、アクセスランキング全国20位以内ぐらいなんですが・・・・つまり、かなり食べログフリークという意味です。

しかし、このジーニスの食べログ評価点3.00は、まったく納得いきません。
コレ、どう考えても、バグだと思います。
昨年9月ごろに、カカクコムの株価が急落する事件があって、広告出稿を拒んだレストランは、点数を3.00にリセットするという話がツイッターで流れたことがあります。そんなミカジメ料みたいなことを食べログがやるとは思いませんが、このお店で113人のレビューアーがこの内容で投稿していて、3.00は絶対におかしいです!

3.00というと、あまり深刻さが出ませんけれど、コレ通知表で言えば、最低点の1と同じです。
しかも、113人の評価によって、この結果であれば、お店とって死亡宣告と同じです。

113人のレビュアーによって3.00と評価されているお店となれば、そこで働いている人たちにも、ひどいショッキングなことです。
食べログは、もう社会的な存在といえる重みがあるので、これは大変なことなんです。

こういうレビューは削除されるとはおもいますけれど、削除してもらって結構なので、バグを発見して対処してください。

私はもともとがプログラマー・SEですが、おそらく、特定グレード(高いステイタス)の人のマイナス的な評価の重みを、1.5倍とかすべきところを、150倍というようなプログラムの記述ミスがあって、夜の評価が3.00以下になってしまい3.00まで補正、総合でもそのインパクトが強すぎて3.00以下になっているので3.00まで補正していると思います。ですから、お昼が3.07なのに、総合では3.00になっている。

このお店を知っている人100人に聞いて、食べログ最低点と伝えたら・・・・99人はそりゃ、どっか計算式が違うでしょ!と断言すると思います。

食べログは、ジーニスのスタッフ全員に謝罪すべきだと思います。



関連ランキング:ラウンジ | 名古屋駅名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅

周辺のお店ランキング

1491688970649.jpg


食べログで、東京銀座の某フレンチレストランを検索して、そのお店のページを表示すると、画面右側の一番目立つところに、「周辺のお店ランキング」というありがたいコンテンツが表示されます。スマホ版でも似たような省略版が表示されます。(ただし、このコンテンツは有料会員の場合は、そのお店自身のアピールコンテンツに差し替わりとなります)

ちなみに、エスキスさんは、無料会員なので、タダで他店のページで「銀座でナンバーワンのフレンチレストラン」という宣伝をしてもらえるわけですが、この時点で評価が4.27未満の大半の銀座フレンチレストラン(無料会員)のページでは、ベスト5のお店の宣伝が行われることになるわけです。

お店にとっては、とんでもないことかもしれませんが、食べログを見に来る人にとっては、有用な情報で、「あなたがいま見ているお店よりも、すぐ近くに、皆さんの評価の高いお店もありますよぉ~」と教えてもらっているということになります。

下は、先日お伺いした、名古屋駅近くのお蕎麦屋さん(鈴音)のページで表示されている、周辺のお店ランキングですが・・・
周辺でナンバーワンなので、無料会員ながら、自店のページで「近隣でこのお店がナンバーワンの評価を得ています」と誇示する結果となっています。

周辺で3位までぐらいに入っていれば、無料会員というのは1つの選択肢だと思います!


1491688801024.jpg

ネット戦略を念頭においたお店のネーミング

1491646287499.jpg


お店の名前にはオーナーさんや関わり合いの深い人たちにとっては、強い想い入れがあるかと思います。まさに、このセンテンスでも「想い」と「思い」では意味が違うのだ!との意味を込めて・・・・等と言いたくなるわけです。

そして、横文字好きも、(自分の知性を強調したいのか・・)なぜだか多いですよね・・・

でも、ネット戦略上での店舗のネーミングや表記には、「検索」してもらいやすい!という価値観を強く認識する必要がある。(あくまでもネット戦略上の優位性の問題です)

1) たとえフレンチレストランでもかならずメイン表記は「カタカナ」で!
アルファベット表記はたとえ英語であっても、knifeやfruitというスペルに中学生以来どれくらいの日本人が悩まされたかをよく考慮にいれるべきです。
お洒落さにこだわりそうなフレンチレストランで、食べログ全国ランキング1-20位では「カタカナ表記が18店」であることを念頭に置くとよいと思います。

2) 漢字の言葉遊びは絶対にダメ!
例えば、「下上」と書いて、「じょうげ」と呼ばせるなどというのは、もうネット検索での営業上のメリットは完全にあきらめてくださいと言わざるを得ません。
「したうえ」でも出てこない、「上下」でも出てこない、探そうとする人にいらぬ手間暇をかけさせて、不快感を持たせます。

3) カタカナ・ひらがな・漢字・アルファベットの混合は最低最悪!
たとえば「異空間ふれんちスペースParis」なんていうネーミングはとにかく最低です。(笑)
ここまで断言するのは、もしそんな名前のお店があったら申し訳ないので、思わず検索でチェックしました。実際に検索してみればわかるのですが、スマホにせよ、PCにせよ、変換モードが混在するのは正直いってウザイわけです。モード切替自体はさほどの苦痛ではないにしても、どれかが入れ替わってしまう等、なにもよいとことはありません。
こんなとこでこだわるくらいなら、他にこだわるべきことがあるでしょ!と言いたい。


店名の前につく枕詞も重要です!
食べログで店舗会員になれば、店名の前につく『枕詞』的なフレーズが使えるようになります。

ホテル・ド・ミクニでは「赤坂の住宅地にたたずむ一軒家フレンチ」
ウルフギャングステーキハウス六本木では「美食家をうならす極上ステーキハウス」
ラ・グランターブル・ドゥ キタムラでは「名古屋のグランメゾン」

というフレーズが付いています。

ここには、あくまでもお店の雰囲気を潜在的なお客様にアピールすべきだと思います。

以下のようなことは却ってマイナスイメージになりかねませんので留意する必要があります。

1)2-3年前のリニューアルをずっと謳っている、2015年リフレッシュオープン・・・・
2)慶事・仏事・貸切・・・・・、即物的過ぎる。お店の雰囲気その他の情報でお客様が判断します。
3)文章の中に誤字や不適切な表現がある。この部分にミスがあるって・・・お店大丈夫だろうか?って思ってしまいます。
4)何もない。どのお店でもなにかウリになることが1つぐらいはありますって・・・

同業他店の評価上位店を見てみると、そこには、光るフレーズを発見できると思います。


1491638989805.jpg


1491639038740.jpg


1491639174064.jpg


関連店舗の設定

1491623857003.jpg


食べログの店舗名称の隣には、いろいろなアイコンが出現します。写真では「関連店舗」というアイコンが出ています。店舗会員になっていれば(無料会員でも)この設定が可能なので、以下のような利用でグループ内の相互アクセス&相互送客の機会を逃さないようにしてみてください。

1)銀座・新宿・渋谷にお店があって、お客さんが使い分けてくれそうな場合
2)グループ内に超人気店があって、その関連店舗って何なのだろう?と思ってもらえるような場合
3)高級店とビストロというようにグレードが異なるお店があってTPOに応じて、お客さんが使い分けてくれそうな場合

飲食店の場合、必ずしも、店舗数が多いからと言って、お客さんから好印象を持たれるわけではありませんが、お店の露出戦略や戦術に応じて、このアイコンを使いこなしてみてください。

店舗数が多い場合は、見ているお店の都道府県内とそれ以外を分離して表示してくれます。
スポンサード


食べまくりメモ