利用者の立場から・・・
IMG_9143.jpg
大政奉還から150年という女将の話から始まる浅田の歴史

IMG_2245.jpg

IMG_2246.jpg

IMG_2248.jpg

IMG_2249_20170628085300d24.jpg

IMG_2250.jpg


加賀料理の料亭として赤坂・青山でも定評のある浅田は、名古屋でもすでに13年の歴史を刻みました。タワーズ・ゲートタワーの中でも浅田のエリアはまるで結界をはったような異空間、とくに入って左側の料亭部分は品格が違う。私もいつものアロハ姿では訪店できません。(笑)
素足NG&強い香りの香水等NGですので、浅田でのおもてなしに招かれたら、女性の方はこの点をファッションコーディネイトのポイントとして、押さえておくべきです。

加賀の地はそのロケーションから大陸からの文物の玄関的役割を担い、米どころ、日本アルプスの峰々から流れる銘水、日本海の海産物、北前船の時代から全国の物品が集積される地であり、地方でありながら京都や江戸との文化的な関わり合いが強いという特別なポジションを占めています。また、加賀100万石の前田家は江戸時代には外様大名として微妙な立場にあったため、武よりも文化に力を注いだとも言われ、食文化も大きく花開いた、それが加賀料理といえるかと思います。

浅田はその加賀藩で金沢・江戸間を結ぶ御用飛脚を業としていたわけですが、大政奉還の行われた150年前に、飛脚の時代の終焉を見極めて、(飛脚としての経験を活かして)旅館業に転身、旅館で培った料理のノウハウを活かして料亭へと・・・浅田のコンセプトは「伝統からの創造」を掲げており、大きな時の流れの中でそのコンセプトを具現化させていると言えるでしょう。

加賀藩と言えば、前田家、前田家の始祖である利家公は名古屋出身で名古屋と金沢はとても縁の深い地なのです。まあ、それを言い出すと、大阪(秀吉公)も江戸(家康公)も名古屋出身ですが・・・(笑)

加賀料理は、その成立の経緯から、加賀の食材とは切っても切れないかかわりがあり、浅田の物を運ぶDNAとローカルに飽き足らない魂が、赤坂・青山・名古屋の地での料亭経営につながっていると言えます。

浅田の場合は、レビューが非常に少ないです。私自身もこの13年間で20回以上は利用していますけれど、料亭部分の写真掲載とレビューは初めてです。たいていの場合は、その状況が写真を撮れるような雰囲気でないので、写真撮影そのものをしておらず、写真のないレビューもいまひとつパッとしないので、投稿の機会がありませんでした。
今回は、ゲストが管理栄養士で料理研究家、食べ歩きが趣味とのことで、料理撮影用のデジタル一眼を持ち歩いているという方でしたので、写真撮影でも盛り上がりました。(個室ですからほかのお客様には迷惑になりません)
浅田の料亭部分でのお食事を写真付きでレビューすることは、なかなかできないので、ちょっと長めのレビューをさせていただきました。

今回、いただいたのは「鮎尽くし」です。
積雪たっぷりの日本アルプスの雪が溶けて清流になり、したたる緑と清冽な雪解け水が香り豊かな富山県庄川で育った鮎、契約の漁師さんもどこで獲れるかを教えてくれないという鮎・・・・との女将の弁でした。サイズの揃った小ぶり鮎の繊細な味をとことん堪能できます。
■前菜
鮎姿寿司 杭牛蒡 茗荷酢取り 鮎一夜干し
赤皮南瓜 蓮根 つる豆
■お椀
鮎こく 笹牛蒡 茄子 蓼庵
■向付
鮎洗い 鮎背越し 烏賊と鮎真子うるか和え 大梅貝
■中皿
鮎唐揚 山独活 蓼の葉 白板昆布揚 能登揚浜塩
■焼物
富山県庄川産 活鮎塩焼 焜炉焼 赤芋茎 蓼酢
■煮物
治部煮 合鴨 簾麸 小松菜 石川芋 粟麩 山葵
■お食事
土鍋炊き鮎御飯
■水菓子
無花果 葡萄 能登づくしあんみつ


IMG_2252.jpg

IMG_2253.jpg

IMG_2255.jpg

IMG_2256.jpg

IMG_2244.jpg




関連ランキング:懐石・会席料理 | 名古屋駅名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅


このお店は建物も味わいの1つです♪

IMG_2230.jpg

IMG_2236.jpg

IMG_2238.jpg

IMG_2239_20170628024253eb1.jpg

IMG_2240.jpg

IMG_2241.jpg


今回はランチのジャスミンコースを頂きました。
ホットジンジャーを頂きながら、前菜の盛り合わせ3種、パパイヤのサラダ、お決まりのトムヤンクン、空心菜と豚ひき肉のオイスターソース炒め、ソフトシェルクラブのカレー風味玉子ソース炒め、ジャスミンライス、マンゴープリン、ジャスミンティーという流れです。
ここの料理はタイ本国のテイストをしっかり残しながらも、量や盛り付けなどで日本向けにアレンジされていますので、食べやすく、タイの雰囲気もしっかり味わえるので好きです。

このお店は建物も味わいの1つであるので、初めての来店ならば、もしも車で行くのであれば、川の対岸(西岸)のやや北側のコインパーキングに車を停めて、川沿いを散歩しながら、焼き鳥龍星・マカロニクラブ・猿カフェを通り過ぎて、「あそこがお店なんだよ」とでも言いながらお店に向かうと最高だと思います。とりわけ桜の季節には+散歩はお勧めできます。

IMG_2231.jpg

IMG_2232.jpg

IMG_2233.jpg

IMG_2234_20170628024502cc9.jpg

IMG_2235.jpg

IMG_2237.jpg

IMG_2240_20170628024507893.jpg

IMG_2242.jpg

IMG_2243.jpg




関連ランキング:タイ料理 | 伏見駅国際センター駅近鉄名古屋駅


他山の石、以て玉を攻むべし

IMG_2223.jpg

IMG_2224_20170626220958f6e.jpg



ネットの情報がいつまでも残り、忘れられる権利という言葉が生まれた。そろそろ、キハチ名古屋店の評価は見直されてもよいころだと思う。ある意味では穴場的な居心地の良さが現出しているといえると思う。
現在のゲートタワーバブルと同じように、タワーズが開業したときにもレストラン街には雲霞のごとく人が押し寄せた。当時の名駅は急速に栄の地位を奪いつつありながらも深刻な飲食店不足状態であり、それがかえって結果としてタワーズレストラン街に出店したレストランに色んな意味での試練を与えることになった。あるお店は撤退し、あるお店は不動の地位を得て、あるお店は繁盛しながらもお客からは厳しい評価を受けることになった。
このキハチ名古屋店は100人近いレビューアーからのレビューを得て食べログの実質評価最低点である3.00となっている。私自身も7年前に200軒に1軒しかつけない(0.5%)1.00の評点とした。私だけでなく、多くの人が当時の状態に不満にもち、100レビューもあるのに3.00という現状である。たぶん、キハチ全店舗の中でも、3.00となっているのは、この名古屋店だけであろう。
あまりの好立地、あまりの高家賃のために、レストランとしての守るべきラインを見失わせる魔力が駅前タワービルにはあるような気がする。現状でのこのお店の評点は実力上ではゲートタワーの大多数のレストランを上回っていると思うが、食べログ評価点がそれに見合うものになるのはいつの日になるのであろうか?
ゲートタワーバブルで現在にぎわっているいくつかのお店も、繁盛しつつよくない印象を繁盛分だけ染み込ませるという愚を犯していないか、ぜひとも「他山の石」としてほしい。
さて、最新のキハチでのランチの状態は、平日であればほぼ待ち行列なしでの入店が可能です。以前に店内にドーンとあったワインカーブは撤去され、通路側には個室的なエリアが作られ、全体的に席間隔がゆったりとして、あの7年前のギュウギュウ寿司詰め状態は完全に解消されました。また、ひどい喧騒状態も解消しており、カップルのお客さん割合はゲートタワーのレストランよりもかなり高くなっていると思います。(カップル客が多いと静かです・笑)
7年前のことがトラウマ的にあるので、今回は一番お安いランチ2700円でお試ししてみましたが、十分に満足のいく内容でした。

生ハムと新じゃがのシーザーサラダ
目鯛のポアレ(玉ねぎNG対応のソースにチェンジしてもらえました)
パン
デザート
珈琲

特に男性の皆さんは、昔のキハチ名古屋店の居心地が悪かったように、現在のゲートタワーのレストランの多くで居心地が悪いと思います。静かに普通に食事ができますし、ちゃんとしたレセプションがあって、フロア係も慣れと落ち着き、そして「なにもしなくてもどんどんお客が押し寄せる」などということはあり得ないという緊張感で臨んでいるので、キハチ、けっこう穴場です。(笑)


<以前の投稿(7年前です)>
店内が非常に騒がしい

【更新】
写真だけ追加・・・・

このお店は何度か使いましたが、満足できる結果だったことがありません。
まず、ランチタイムは、ものすごくお客が女性の割合が高く(80%以上)て満席状態なので、とんでもなくしゃべり声がうるさい感じです。これは客の質の問題ではなくて、席を詰め過ぎているので、騒がしさが許容限界を超えているという状態です。少し大声を出さないと話が聞き取れないので余計うるさくなるという悪循環になっています。おまけにスタッフがてんてこ舞いで食器をガチャガチャさせる音も耳障り過ぎます。

この根本的な問題をちゃんと解決するには、席数を20%カットしないと無理だと思います。

で、料理は普通、お値段はやや高めなのですが、お店は大繁盛です。
ただ、これはツインタワーという名古屋最高の好立地のなせるわざですので、ツインタワーから一歩外に出て同じ値段を出すなら、静かでもっと会話も楽しめるような楽しいランチを頂けるお店はいくらでもあります。

ディナーはというと数回利用したのですが、いずれも接客が今一つで、ちょっと首をひねる感じでした。とりわけ、最後に訪店したときは、さすがに腹が立つようなレベルでした。1人8400円のディナーのコースを家族3人で食べましたのですが・・・
料理は、平凡で、不味くはないけど、美味しいとも言えず、期待はずれ。
それよりも、なによりも、お絞りは出し忘れる・・・、最初にスープが出るまでに15分、次に最初の料理が出るまでにスープが出てから25分もかかる・・・
こんな感じだと美味しい料理でも美味しく感じられないのではないでしょうか?
店内はうるさいし、各係りの言葉がけも上滑り、なにか不愉快な気分になるお店です。

同じ料理が4980円で出しているなら、この程度と我慢も出来ますが、8400円でサービス料別って・・・・とてもサービス料を取れるような接客ではありません。

スタッフは一生懸命やっている感じはあるのですが、ドタバタ走り回ることでは解決しません。お客を詰め込み過ぎで、振り回わされている状態なので、単にお値段の高い『飯屋さん』になってしまっています。

そんなわけで、自分自身はもう訪店しない。他の人にもお勧めしないという評価1とさせていただきました。



IMG_2225.jpg

IMG_2226.jpg

IMG_2222.jpg

IMG_2227.jpg




関連ランキング:フレンチ | 名古屋駅名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅

« 2017-06 »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
食いしん坊の世界へようこそ♪

赤いちゃんちゃんこ

Author:赤いちゃんちゃんこ
食べログをはじめとするグルメ系口コミサイト&予約サイトを利用者の立場から分析してみました。=逆にいうと・・・飲食店経営者の方の参考になるはず(笑)

GOODS

カテゴリ
Counter

最新記事
Welcome to My Blog
スポンサード


食べまくりメモ