もうじき還暦だぁ・・・
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
もし、あなたがマイルを貯めているなら、このポイントサイトには絶対に登録すべきです。無料登録ですし、今までどうりにアマゾンや楽天を使っているだけでも、アマゾンや楽天のポイントに加えて並行して、このポイントがポンポン貯まります。(信じられないかもぉ~だけど本当のお話です)このポイントはマイルへの転換もできますので、あと1000マイルでハワイ行けるのに~という悔しい思いをしている人はぜひ♪
恋活女子向け飲食店での「神」振舞い講座③
最近の飲食店では、男性にはドレスコードがある(短パンやサンダル履きNGやジャケット着用等)ことも見かけるが、女性にはよほどの状況でなければドレスコードが無いのが普通だ。
かなり以前は、ジーンズNG(もともとカウボーイの作業服ですからね・・・)というのは普通だったが、20年以上も前にデニムがルイヴィトンのユニフォームにもなった頃には、飲食店ごときが女性のファッションにあーだこーだ言うな!という風潮が一気に広がった。
とはいえ、お食事デートで、格式の高いお店に誘われたら、女性らしいフェミニンな装いが無難ではある。デニムNGという時代もあったことを念頭におき、ダメージ加工のデニムは居酒屋デートのときにとっておこう。(笑)

私は、女性の生脚、素足が大好きなエッチなおじさんだが、大体、オトコは女性の脚に惹かれる傾向がある。だから、お食事デートで脚の露出は非常に効果的であるのは間違いない。
しかし、誘われたのが格式の高い和食系のお店だった場合には、女性はすこしばかり注意が必要である。

靴を脱いで、畳の上に上がる場合に、生脚は良いけれど、素足はマズイ、そういうお店ではたいていは貸出または使い捨てのソックスを用意しているケースが多いが、仲居さんにそれを指摘されて、ダサいヤツを履かされたら、せっかくの美脚も台無しだ。(笑)
そんなソックスを履かされた挙句に畳の縁を踏んで仲居さんにキッと睨まれたら、もうお食事なんか美味しくもなんともない気分になってしまうだろう。(爆)

男性の場合は、よほどチャラい坊主でない限り、素足で出歩くことは無いので、こういうお店に誘った場合でも、女性に注意喚起を促すような配慮を忘れがちである。いまどきは、食べログなどでお店の雰囲気をチェックできるので、女性自らでちょっと確認しておきましょう!

こういうお店では、むしろ、華やかなホットパンツやミニスカートで生脚・素足で乗り込んで、仲居さんが「あのぉ~」と言いかけるその前に、ハンドバックからおもむろに「いかにも畳に合いそうな浅履きのソックス」を取り出して、ササっと履いちゃって、「なにかぁ?」というような顔しちゃいましょう。気を付けるのはあとは畳の縁を踏まないようにすれば、もう貴女の圧勝です。(笑)たぶん、仲居さんたちは「どちらのお嬢様だろうねぇ~?」とささやいていることでしょう。
恋活女子向け飲食店での「神」振舞い講座②
通説では「商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため平賀源内の元に相談に赴いた。源内は、「本日丑の日」と書いて店先に貼って、鰻の煙を店外にバンバン流すことを勧めた。すると、その鰻屋は大変繁盛したということになっている。また、古典落語でも鰻のかば焼きの煙をおかずにしてご飯を食べる・・・と言う話も出てくるが、グローバルゲートのビル内のお店では「鰻の煙の匂いで集客」はできない。もしグローバルゲートのデベロッパーが私のところに「集客の相談」に来たら、「3000台の駐車場を造って3時間無料開放」しなさいと助言させてもらうだろう。ささしまライブは駅前ではなくて、実は街中の陸の孤島で実質は郊外店なのだから、ここに集客するなら、鰻の煙の臭いでも追いつかない。グローバルゲートの駐車場は30分250円で2000円のお買い物などで1時間無料だが、複数のお店での合算もできないし、3万円つかっても1時間しか無料にならない。人気スポットで交通至便の名駅よりも駐車場でがめつく稼ごうとしているのだ。(笑)これじゃ、名古屋ではお客はあつまりません。

このお店では、煙は外に出せないけれど、厨房をガラス張りにして、ビジュアル的には魅せています。お味も十分に美味しいのだが、私のような年齢の者には「鰻は大衆料理」という記憶が刷り込まれていて、どうしてもコスパ的に納得しにくいのは否めない。しかし、多くのうなぎ屋で古くて狭いお店で古い食器で超高いうなぎをだしているよりは、この店は良い印象である。

さて、鰻とは関係ないが、私は女優の石原さとみさんの容姿や声、好きです!(と食べログ上で叫ぶ)が、あの柔軟剤のCMが大嫌いである。あんな調子で(人工の)匂いを振りまかれたら、もう周りは大変な迷惑だ。ああいう柔軟剤などのスメルハラスメント、香水の香害に迷惑している人は多いのだ。名駅の某料亭の食べログ上でのドレスコードには「素材を活かした日本料理は香りがとても繊細です。最大限に楽しんで頂きたく、香水などを過度につけたご来店はお控え下さいますようお願い致します。」と記載されている。よほど目に余る状態なのであろう・・・。

匂いで臭いをごまかす香水文化の欧米とは違い、日本では、たとえフレンチやイタリアンでも香りは超控えめにした方が無難である。とりわけ、恋活中の女性は、自分自身のためにも、人工の香りは無しでデートの食事に臨もう。

スイスの動物学者ヴェーキデント博士による有名な「Tシャツのテスト」によると、44人の男性に2日ほど着用し続けてもらったTシャツを、49人の女性に匂いを嗅いでもらって、その反応を調べたというものだ。男性たちの汗を吸ったTシャツをそれぞれ横手に穴をあけた箱に入れ、女性たちにTシャツごとに好みを調査した。ほとんどの女性が「好みだ」と答えたのは、それぞれ『自分の遺伝子型と最もかけ離れた遺伝子型をもつ男性』のTシャツだった。『自分の遺伝子型に近い遺伝子型をもつ男性』のTシャツだった。免疫システム遺伝子とフェロモン生成遺伝子とは結びつきが強く、同じ染色体上にあることはよく知られている。つまり、男性のもつ遺伝子の免疫システムと、女性のもつ遺伝子の免疫システムが異なれば異なるほど「より広い免疫システムの遺伝子を持つ子孫」が生まれるので、女性は、本能的に匂いで「免疫の強い、病気になりにくい子」を作れる配偶者を選択しているわけで、コレは「一目ぼれの遺伝学的で科学的メカニズム」ともいえる。

恋活女子が「胸がキュンとする恋」を求めるならば・・・・

*人口の香り抜きでお食事デートに臨もう
*デートの日は月経周期の真ん中の日を選ぼう
*経口避妊薬ピルは飲んでいてははいけない

この実験では49人の女性の選別にあたって、月経周期の真ん中の人を選んでいる。その時期はホルモンの関係で、嗅覚の感度が100倍になっているそうだ。それでも、ピント外れの遺伝子配列を選んでしまった女性もいるがいずれもピル(経口避妊薬)を飲んでいた人であったとのことであるので、疑似的に妊娠状態にしているピル服用者は「免疫の強い、病気になりにくい子をつくれる配偶者を見つける必要がない」ということか・・・笑。

というわけで、自分が人工的な匂いをプンプンさせて、お店や男性(人工の匂いを好きでない人は女性よりも多い)から嫌がれるのではなく、自分の嗅覚抜群の日に、逆に相手の匂いをクンクンして、自分のDNAを信頼して恋に落ちましょう!相手が決まったら、ピルも飲んでもOK(これは男性喜びます・笑)、お食事済んだあとのお化粧直しのときにでも香りをつければ良いでしょう。

男性の場合は、もともと選択の戦略(妊娠出産育児を自ら行わねばならずその間食べ物を運んでもらわねばならなかった長い歴史のなかで、相手を選び抜くことを覚えた)の女性とは違い、ばらまきの選択(出来る限り自分の遺伝子をあちこちにばらまけという神様の命令)ですから、むしろ、女性受けする香りをたとえ人工でも・・・振りまいた方が良いかもしれません。
恋活女子向け飲食店での「神」振舞い講座①
この日は、一人でカウンター席、テーブル席を背にした感じで、いつものように、お茶を飲みながら、お通しをいただき、グリーンサラダのハーフサイズ・担々肉豆腐・キノコの吟醸酒粕炒め・合わせのお味噌汁・美味しいしろ御飯で・・・いつものように幸せな夕食を頂いておりました。(ヘビロテですが、ちなみに私はロジネコに棲みついているネコでもなく、居候でもなく、親戚でもなく、単なるお客さんです。)

ロジネコさんでは、お味噌汁が、「赤だし」「あわせ」「しろ味噌」の3種が選べます。私は各2回以上食べた結果、合わせが一番好みにあうことを発見しました。(それまではどちらかというと赤だし派でした)

すると・・・・私の背後で、カップルさんの男性が「赤だし」を、女性が「あわせ」で「別々でもいいんですかぁ~?」と言いながらオーダーしていました。もちろん、ロジネコの主人はお客さんの好みにできる限り沿いたいというスタンスですから、1組のお客さんで3種類のお味噌汁にも神対応していただけます。お客さんVSお店の関係はこれでOKなんですが・・・・・

もし、女性が「恋活」中ならば、こういうシチュエーションでの振る舞いとしては、60点ですね。そして、ここで「私は〇〇しか飲まないんだよねぇ~」と一言入れたら、もう30点です。(笑)

元日の「格付け」でYOSHIKIがワインの課題でおこなった発言がネット上で「神」コメントと評判をとっていました。100万円のワインと、5000円のワインを飲み比べて100万円のワインをあてるアレです。YOSHIKIはAを100万円と正解をしながらも、「Bのワインは5千円ですかぁ~?一万円以下のワインにも美味しいワインはたくさんある。5000円ですかぁ~、これは騙される人でるかもしれませんねぇ~」と本当に自然体でコメントしていました。ネット上は、1万円以下のワイン生産者や、不正解になった他の共演者も傷つけない「神」発言と絶賛された。私が思うに、この2本を選んだ番組制作側も、そのYOSHIKIをチームメートに選んだGACKTも、そして本人と、100万円のワインの生産者も、自称YOSHIKIのファンも皆がハッピーになったと思うのだ。

では、ここで、この「ロジネコのお味噌汁三択」での、恋活女子の「神」振舞いはどういうものか考えてみよう!(笑)

1)ダンシより先に「しろ味噌で!」と無邪気にオーダーする。
2)ダンシが「あわせ」をオーダーしたら、「わたし、「あわせ」というのは普段たべてないのだけど、「白」は次のお楽しみにして、今日は「あわせ」試してみます!

*自分の好みを主張しながら
*相手に合わせる姿勢も見せて
*またこのお店に来たいという意思表示をしつつ
*あなたと「また来たい」と言っちゃう
*それとなく相手にも次は私の好みも試してみようよ~と投げかける

もう、ほとんどYOSHIKIと同レベルです。(笑)

こういわれたら、ダンシ的には「次は俺も白みそで試してみようかなぁ~」と言わねばなりません。

相手に合わせることができる柔軟性・適用力は「若さ」の証ですから、自分の好みを主張するよりも、自分の柔軟性・適用力を主張したほうが断然素敵だと思いますね。ロジネコさんの3種の味噌汁は、3つとも試してみると、もしかすると、いままでの自分の好みが変わるかもしれないぐらいのクオリティがありますので、そこも楽しみでもあります。

まあ、このときの相手が本命でなかったり、色恋対象でない場合でも、良い練習材料とするとよい。本番だけうまく振舞うのは至難です。思いっきり愛嬌振りまいて勘違いオトコのリアクションを楽しんじゃいましょう!(笑)

ココシャネルも・・・You never know, maybe that’s the day she has a date with destiny. And it’s best to be as pretty as possible for destiny.(ある日、ひょっとしたら、運命の人と出会えるかもしれないじゃない。その運命のためにも、いつでも、できるだけかわいくしていなきゃダメ。) という名言を残しています。

ちなみに、ダンシは私の経験上20代~30代の恋活時期に、そんな気遣い・心遣いは・・・・無理だと思うので婚活男子向けの「神」振舞い講座はありません。あの「神コメントのYOSHIKI」さまもその年頃(20数年前の30代)のときは、LAの日本料理店でドンペリニヨンが店に置いていないからといって、ご無体にもお店の者に外に買いに行かせ、ベロンベロンに酔っぱらって、飲酒暴走運転で当時の恋人の工藤静香を同乗させて帰る途中に、LA警察に逮捕されて二人の恋仲がばれるというようなご乱交振りでした。(爆)

まあ、前の日の夕食のお味噌汁を、出汁入りの味噌(安いスーパーにはかならず売っている)を水に溶き、そこらへんの野菜を突っ込んで作り、それを次の日も温めなおして平気で出す・・・・そういうヒトに限って「〇〇じゃなきゃ私はダメ」とか言っていたりするのは笑えます。
« 2018-02 »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
食いしん坊の世界へようこそ♪

赤いちゃんちゃんこ

Author:赤いちゃんちゃんこ
食べログをはじめとするグルメ系口コミサイト&予約サイトを利用者の立場から分析してみました。=逆にいうと・・・飲食店経営者の方の参考になるはず(笑)

GOODS

カテゴリ
Counter

最新記事
Welcome to My Blog
スポンサード


食べまくりメモ